Business And Customer

どこまでコストがかさむの?通販物流業者の選び方


自分でどこまで担当するのか

通販物流業者に委託する前に考えておかなくてはならないのが、どこまで自分で対応するか、という問題です。倉庫や在庫管理からピッキング、発送に至るまで様々な作業を請け負ってくれますが、これら全てを委託するとなれば相応のコストがかさみます。ネットショップを始めたばかりであったり、少し軌道に乗り始めたくらいなら、物流コストにかかる費用だけで財布を圧迫しかねません。また、顧客対応も請け負ってくれる物流業者もいれば、細かい対応を受け付けていない業者もいます。入念な打ち合わせをした後に契約しますが、どこまで要望が通るのかを確かめてから信頼の置ける物流業者を選定しましょう。

オプションへの対応と料金

特に要望が多いのが、プレゼントラッピングなどにも対応してほしい、というようなオプションです。ネットショップでは細かな配慮がユーザーへ与える印象に繋がりますし、この点を細かく設定したいオーナーは多いでしょう。流通業者はこうしたオプションに対する反応が千差万別のため、きちんと希望するオプションが通るかどうかを検討しなければなりません。また、流通業者によっては細かなアドバイスも行っているため、ネットショップを始めたばかりの段階ではそうしたアドバイスを送るオプションを選択するのも効果的です。いずれにせよ、これらオプションには追加費用がかかります。どのくらいの金額になるかはオプション次第ですが、せっかくのネットショップの利益をここで使い切らないよう注意しましょう。

通販物流は、通信販売における物流のことです。具体的には、商品の受注から出荷までのすべての作業などの流れを指します。