Business And Customer

自作パソコン用の中古ハードディスクの選び方


中古市場に多く出てくるハードディスク

パソコンを自作する場合に必要なパーツとして、ハードディスクが挙げられます。近年はSSDに取って代わられることも増えてきましたが、大容量で安価、そしてデータを読み書きする速度がそこそこ速いという点でハードディスク以上のコスパを誇る記憶媒体はまだありません。ハードディスクの特徴として挙げられるのはほかにもあり、CPUなどほかのパーツと比べると中古市場に出てくる点数が多いといえます。というのは、SSDとの入れ替えやさらなる大容量ハードディスクとの交換など、壊れる前に役目を終えることが少なくないからです。

パソコンを自作する場合、すべてのパーツを新品で揃えるのではなく、いくつかのパーツは中古にした方が当然安くなりますが、ハードディスクは中古で仕入れやすいパーツといえるでしょう。

S.M.A.R.T.情報を必ずチェック

では、自作パソコンに組み込むための中古ハードディスクを選ぶ場合、どのような点に注意すればいいでしょうか。まず、ハードディスクには大きく分けて二つの規格があります。IDEタイプかSATAタイプかです。IDEの方が古いですが、マザーボードによってはIDEでもSATAでも両方に対応しているものがあります。ただ、マザーボードが両対応タイプのものであっても、SATAのハードディスクを購入した方が無難でしょう。

また、状態を確認するためには「S.M.A.R.T.情報」というものを見ます。S.M.A.R.T.情報が記載されていない中古商品はスルーした方が安全です。この情報はハードディスク本体に記録されており、起動回数や使用時間、データの読み書きに関してのエラーの状況などが含まれ、使用時間が10万時間近くだったり、エラーが多いものはいつ壊れてもおかしくないので購入を見送った方がいいでしょう。

プリント基板実装を利用すれば基盤のコストを抑えて製品を量産できます。導入するには専門業者へ依頼するとよいでしょう。