Business And Customer

倉庫で保管される物や倉庫で働く人々について


倉庫の立地理由を考える

倉庫は、日本の物流を支えている大変重要な施設になっていて、その多くが立地しているのは大規模港湾・国際空港・郊外の高速道路近辺です。これらのエリアに立地している理由としては、郊外の平坦な原野・沿岸部の大規模な埋め立て地が必要だからであり、近年では物流事業者・ECサイト事業者の倉庫が増加しています。郊外に倉庫がある他の理由は、交通渋滞が少ない事や雇用を数百人レベルで確保しやすいといったメリットも挙げられます。

倉庫ではどんな物品が保管されているのか

倉庫で保管されている物品は、洋服・食料品・書籍といった常温品に加えて、海外から輸入された生鮮食品(肉・野菜・魚など)は冷蔵または冷凍の倉庫に集められます。冷凍庫に関しては、温度管理が大切になる事から、マイナス18度以下の冷凍庫で保管されていて、更に鮮度を維持するための海産物(マグロなど)は、マイナス40度前後の超低温冷凍庫で保管されます。

倉庫内の職種を紹介!

倉庫内は、多くのスタッフが働く事によって物品が捌かれており、最近ではAI(人工知能)やロボットを駆使した効率的な倉庫業務が展開されています。物品の移動(商品の搬入や搬出)は人の手によって行われている事が多く、フォークリフトオペレーターが日夜安全面に配慮しながら業務を行っています。倉庫の温度管理は、絶え間無く実施する必要がありますが、コンピュータやセンサーといった監視に加えて、オペレーターである人の目を光らせる事によってトラブルを防いでいます。冷凍庫や冷蔵庫の故障をした際にすぐ対応出来るシステムも構築されていて、メンテナンススタッフが常駐して復旧作業を実施するのが一般的です。

3PLを提供する物流会社に業務を丸投げしてしまうと、トラブルやイレギュラーな業務が発生した時に対応できない可能性がありますので、導入前に物流業者と緊急時の対応方針や連絡体制を決めておく必要があります。

スポンサードリンク
3PLの物流にアクセス