Business And Customer

従業員の意欲を高めるためにはどんな社員教育を行うべきか?


個々の従業員のキャリアや職種に合った研修を行おう

社員教育は、個々の従業員の能力を高めるのはもちろんのこと、仕事への意欲を高めるうえでも必要な機会となっています。そうした中、理想的な形で社員研修を実施するには、年間を通して個々の従業員のキャリアや職種に合った研修を取り入れることがとても大切です。そのため、経営者や人事部門の担当者が率先して、定期的に各部署の責任者や研修の対象者への面談やアンケートを行ったり、日々の仕事上の問題点について把握をしたりすることがポイントです。また、中途採用者の数が多い企業においては、社員教育の費用が高額になることがありますが、必要に応じて個別の研修を導入したり、外部機関のセミナーや勉強会の受講を奨励したりといった方法もあります。

場合によっては社外のベテラン講師に研修を依頼しよう

社員教育を自社内で実施する場合には、コストを安く抑えられることや、先輩社員が新人の指導を直接行えるといったメリットがあります。一方で、社員教育のために本来業務に専念することが難しくなったり、研修自体がマンネリ化してしまったりするリスクもあります。そこで、メリハリのある社員教育を行うにあたって、場合によっては社外のベテランの講師に研修をお願いして、ロールプレイングやプレゼンテーションなどの形式を用いながら、知識や技術の習得を目指すといった方法を採用するのも良いでしょう。その他、特定の分野の講師とのコネクションが無い場合には、民間企業に向けて社員研修の講師の派遣を行っている業者にサポートをお願いするのも有効です。

社員教育を行う上で外部講座を受けてもらう価値は十分にあります。学んできた事を社内で活かせるだけの人材として成長する事に期待ができます。