Business And Customer

社員研修は目的を明確にして適切な手法を選びましょう!


社員研修の目的と手法

社員研修は社員教育や人材の育成のために行われる研修です。効果的な人材教育によって業務の改善や社員のスキルアップができ、社内風土も改善されて会社の成長につながります。

たとえば新入社員に現場に出る前に知っておくべき業務の基礎知識を身につけさせることが目的なら、「集合研修」が効果的です。セミナーなどに参加することで多くの社員に一度に研修ができるので効率がよく、体型的で理論的な知識の習得に適しています。ワークショップ形式を取り入れれば、他部署の社員と交流でき社内ネットワークの構築の一助となります。

外部からプロの講師を招くと、より高いレベルの知識を身につけスキルを向上させやすくなります。

実際の業務を身につけることが目的なら「職場内研修」(OJT)を行います。業務を遂行しながら教育担当者から個別の指導を受けることで、効率よく効果的な研修ができます。

eラーニングによる社員研修

eラーニングによる社員研修も取り入れられています。ネット環境とデバイスがあればいつでもどこでも研修を受けられ、講師の質のばらつきを抑えられるので教育を均一に保つことができます。理解できなかったところは何度でも見ることができ、社員それぞれのペースで研修を進められます。その反面、非対面式のため習熟度に差ができやすいデメリットがあります。

社員の階層別に動画を用意すれば、新入社員から管理職まで研修ができます。会場を用意したり講師を呼んだりする必要がないので、コストの削減も可能です。

受動的になりやすい欠点を補うために、アクティブラーニングの考え方を取り入れた研修方法もできてきました。

社員研修を受ける事によって、業務に必要とされる専門的な知識やスキルを身に付けられます。スキルアップを目指せる機会となります。