Business And Customer

手間をかけずに防犯管理!ガラスフィルムのメリットや選び方を学ぼう!


高い防犯性を期待できるのがメリット

空き巣は多くの場合、窓ガラスを割って屋内へ侵入します。防犯カメラやサイレンなどの設備を用意しても短時間で侵入と窃盗を行うケースがあるので油断は禁物です。ガラスフィルムは空き巣を侵入させないので高い防犯効果を期待できます。また、見た目では普通のガラスと区別するのは困難なので、貼り付けても見栄えが損なわれる心配がありません。

ガラスフィルムは防犯性が高い物を選ぶ

ガラスフィルムは様々な製品があるので、防犯目的なら専用の物を選ばなければいけません。防犯フィルムはガラスが割れにくくなる効果がありますが、日除けや目隠しを目的とした製品はそのような効果はほぼありません。そのため、防犯効果が明確に記載された製品を選びます。安価な製品は強度が低い物もあるので、出費が嵩んでも専門業者が扱う高級品を選ぶのが賢明でしょう。高級品は透明度も高いので見栄えが悪くならず、採光性が損なわれることもありません。

フィルムを貼ることができないガラスの特徴

手軽に防犯性を向上できるのがガラスフィルムのメリットですが、全てのガラスに使用できるわけではありません。すりガラスのように細かい凹凸があるガラスは接着面にすき間が生じるので防犯性が損なわれます。表面が滑らかでも汚れやひび割れのあるガラスはすりガラスと同様にフィルムの防犯性を期待できません。直射日光などによって極端に温度が上昇するガラスはフィルムが溶けてしまうおそれがあります。ガラスフィルムを貼る際はガラスの状態や周囲の環境を確認することを心がけます。

スマートフォンに貼っていたガラスフィルムを剥がしたい時は、爪楊枝の先をガラスとフィルムの間に入れることで簡単に剥がせることがあります。