Business And Customer

電気製品は自作できるものもある!自作する際の注意点とは!?


自作する目的は色々ある

一般的に電気製品はメーカーから購入することが多いですが、ちゃんとした知識と技術があれば自作も可能です。自作できる電気製品としてはパソコンや電気照明などが代表的で、インターネットを利用すれば部品単位で手に入れたり、手軽に作れるキットを購入することも容易です。そしてオリジナル電気製品の自作では、取捨選択によって本当に必要な機能だけを持ったものを作れます。既製品の機能に物足りない部分があった際に手を加えて、オリジナル製品を作るという手もあります。また部品を吟味することで、既製品を購入するよりも安く完成させることも不可能ではありません。さらに作業自体が楽しいため、趣味と実益を兼ねて自作をする人もいます。

自作する際に注意すべきこと

電気製品を自作する場合資格は特に必要なく、完成したものを自分で使うだけであれば検査も受けずに済みます。ただそれは自己責任という意味でもあるため、感電や火災には注意しなければなりません。基本的には問題なく自作することができる知識が必要なので、実践する前に電子工作における部品の役割や起こりやすいトラブルの例などを学んでおきましょう。自作のサポートとして資格の取得を考えてみるのも良いです。また自作では部品選びも自分でしなければなりませんが、問題なく稼働するものを見極めることも大切です。安さを重視するあまり、出どころが分からなかったり、評判があまり良くなかったりする部品は使用しないようにしましょう。

電子機器にとって非常に重要な電子回路、それが載っている「プリント基板」を正しく動作する状態に仕上げる事を「プリント基板設計」と呼びます