Business And Customer

太陽光発電ってなに?特徴や仕組みを理解しよう!


太陽光発電とはどんなもの?

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを太陽電池を用いて電力に、直接的に変換する発電方式です。ソーラー発電と呼ばれることもあります。太陽光発電を大きく分けると、住宅用のものと産業用のものの2種類があります。脱炭素化社会実現のために欠かすことのできない、再生可能エネルギーの柱の一つとされ注目を集めています。

太陽光発電の仕組みって?

太陽光発電では、太陽の光エネルギーが太陽電池に当たることで、太陽電池を構成する半導体の電子が動いて電気が起こります。そして、この電気が発生する現象は「光電効果」「光起電力効果」と呼ばれます。太陽電池には数多くの種類がありますが、日本で使われている主な太陽電池はシリコン系のもので、生産量のおよそ8割を占めています。

太陽光発電の4つの特徴!

太陽光発電の1つ目の特徴は、太陽の光をエネルギーとして利用しているため、枯渇の心配がないことです。ただし、気候条件によって発電出力は左右されます。2つ目は、火力発電や原子力発電と比べて、発電時に二酸化炭素や排気ガスなどを排出しないことです。このことから、地球温暖化対策になると考えられています。3つ目は、送電設備のない遠隔地においても、電源として使えることです。また、送電設備なしで使えるということで、災害時の非常用電源としての活用も期待されます。4つ目は、電力需要がピークになる時間帯の電力消費を減らすことができることです。太陽が出ている日中に電力が多く使われますので、太陽光発電を使うことにより昼間の電力ピークをずらすことに貢献できます。

太陽光発電の価格は、家に設置する発電システムに依存します。一般的な目安は、1kWあたり30万円前後となります。

NEW
カテゴリ 蓄電池の価格